かきフライ日記

中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室講師♪吉瀬弥恵子の日記です。裏技テク時々更新中(゚∀゚)ノ

音楽

左手

爪の先が重なるようにするこの形、けっこう使います。 龍が玉を持ってる手を思い出すと、こんな感じになると思います。半音が狭い場合、指の付け根が開いていると、爪先がくっつきます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演…

人差し指

4の指を伸ばす時、反対側の人差し指でどこかを激しく指差してしまう方。手の甲が下を向いてると人差し指が立ったりします。ネックを包む形で、肘を内側に入れると手の甲が少し上向きになります。 こんな風な人差し指の形もあるので参考になればと思います。 …

数え方

このリズム、真ん中の2分音符が数えられない人。 歌詞を当てはめてみましょう。「のび〜る」とか、最適だと思いますw 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上達…

高さ

私の場合、弓と二の腕がだいたい同じ高さです。 弓の真ん中へんを弾いてる時弓と二の腕、楽器と腕で四角形ができます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上…

左手

爪の先が重なるようにするこの形、けっこう使います。 龍が玉を持ってる手を思い出すと、こんな感じになると思います。半音が狭い場合、指の付け根が開いていると、爪先がくっつきます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演…

長い棒を持つ時、だいたいの人はこういう持ち方だと思います。 これを崩して弓の持ち方にすると、親指が弓先の方を向きます。手は、小指の方にも体重が乗ります。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見…

斜め

よく、楽器がこんな角度になってます。 表板と床が平行になってなくても大丈夫です。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上達できます!!! ↑↑ 中野・練馬・江…

止まる

フォルテから急にピアノとか一旦止まる所は、最後フワッと自然な音で止まる練習をします。 頭をパッと切り替えるというか、反射神経に近い感じです。止まった後、次の音を発音する準備を同時にできるようにします。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ…

隙間

いつもは人差し指の付け根はネックに触れていますが、1弦飛ばして、重音を取る時は離れます。 くっつけてもいいです。ヴィブラートの時も離れます。離れた時、親指とバランスを取ります。指板に置いた指の対角線上に親指があると、バランスが崩れないです。 …

右手

弓を持つ時、寝てる時の格好に一番近いと楽です。 人それぞれ違いますが、力が完全に抜けた時の自分がどんな形なのか知っておくと仕事とか、勉強する時にも役に立ちます。どうやって手を握るのかどの指が動きやすいのかいつでもチェックできます。 中野区・…

pizz

pizzの弓の持ち方だけ練習してもいいと思います。 夜遅く、楽器が弾けなくなってからとかでもできる事はあります。シャーペン回しとかと同じように頻繁に触っていると、感覚に慣れます。親指で弓を自分側に回しながら人差し指の付け根まで弓をずらします。弓…

松脂

つけすぎた ( ´Д`) ほんの3往復ぐらいで十分なんですよね〜でも部分的にキラッとした所があって1往復プラスしたら、やっぱりザラザラして良くなかったです。ちょっと足りないかも、ぐらいがちょうどいいかな。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆…

親指

右手の親指の爪で、弓の皮の部分を左に押すのは、時々やります。 手の甲のお山が、小指側に傾くと音が繋がって、綺麗になります。ちょっと違うけど、アイスをスプーンで薄くすくう時の感じに似てます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師が…

フラジオ

フラジオの時の指はほぼまっすぐに伸びてます。 指のおなかで触れるとうまくいきます。離す時に、指をのけぞる感じにすると余韻が残ります。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりや…

座ってレッスン

立ってレッスンしなきゃ!と思ってる方が多いようですが、座っていてもレッスン可能です。 初めから座ってる方も疲れたから触る方もいらっしゃいます。座りたい方は、遠慮なくどうぞ♪ 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏す…

距離

楽譜をよ〜く見たい気持ちはすごくわかります。だいたいこのぐらいは、譜面台から離れると楽器がぶつからないです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上達…

脱力

早い所が弾けなくて指板に置いた指を上にあげて離してる人に、試して欲しい方法です。指板に指を置いた後、指の力を全部抜くと、自然に指が丸くなると思います。 置いた指は、手のひらに向かって丸くなる時に、横に離れます。早く弾く時は、これを使います。…

指の角度

1を置きっぱなしで4を取る時、1の爪の角度を変えずに指を開いて4を取ります。 肉球の部分をネックに近付けて肘を内側に入れれば届きます。それでも届かない時は、親指をネックの下にして親指と人差し指の間を閉じたら届きます。 中野区・練馬区のヴァイオリ…

早く弾く方法

最初は、ひじから下を使います。手首とか指は動かしません。 1ミリぐらいの小さな幅でできるだけ細かく、横に動かします。理由は、弓の毛の向きが変わると音が不規則になるからです。慣れてきたら、自分のやりやすい方法が見つかると思います。 中野区・練馬…

早く弾く方法

最初は、ひじから下を使います。手首とか指は動かしません。 1ミリぐらいの小さな幅でできるだけ細かく、横に動かします。理由は、弓の毛の向きが変わると音が不規則になるからです。慣れてきたら、自分のやりやすい方法が見つかると思います。 中野区・練馬…

低弦

耳の中には、かたつむりの形の器官があって大きく分けて、頭の部分が高音を聴く所、ぐるぐるしてるのが低音を聴く所です。 音が聴こえる事、その音を知っている事が重要です。 低弦を聴く所は少し奥にあるので聴こえにくいですが、スコアを見ながら聴くと聴…

フラジオ

C線のフラジオです。 普通のフラジオの所から、そのまま上に上がって下がるだけ。ヴィオラの人、これ綺麗なので気が向いたらやってみてね☆ 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやす…

ミュート

オーケストラの楽譜によく出てくる書き込み、これはミュートを付ける所です。 外す所には、矢印が上向きになって書かれてます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく…

ピチカート

はじく直前の指の角度です。 爪が天井を向いているとペチペチと爪も当たってやりにくいです。弦と弦の間に指を縦に入れて指板に指が当たる感じにします。弦にはお肉が当たるので、優しい音にあります。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師が…

5度

ヴィオラの3の指で5度は弦と弦の間に指のお肉が挟まる感じでも大丈夫です。 ぐねっと指を倒したりするヒマが無い時はこんな感じです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、…

くるり

弓をくるりと回す時、低くても手が自分の口ぐらいの高さまで上がります。 右手で◯を描く感じです。横から弓を着地させるのも急いでたらやりますが、だいたいは◯を描いてます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので…

駒の下

もうすぐ年末の大掃除の時期ですね。私は楽器のお掃除をします。 駒の下は、綿棒だったら届くのでクリーナーをわずかにつけて拭きます。ピカピカになると気分がいいです♪松脂でコテコテの人も何回も拭けばツルツルになります(゚∀゚) 中野区・練馬区のヴァイオ…

薬指

弓を持つ時、指の内側はだいたい木にくっついてます。 特に薬指は、弓がグラつかないようになるので、すごく重要だと思います。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく…

付点

付点の次の音の弾き方です。スタッカートと同じく、ここ↓で次の短い音の準備をする為に弓を弦の上に置きます。 付点で抜いた音の後に、次の実音の頭を出す為です。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見…

付点

付点の次の音の弾き方です。スタッカートと同じく、ここ↓で次の短い音の準備をする為に弓を弦の上に置きます。 付点で抜いた音の後に、次の実音の頭を出す為です。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見…