かきフライ日記

中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室講師♪吉瀬弥恵子の日記です。裏技テク時々更新中(゚∀゚)ノ

音楽

横板

ポジションが高くなると楽器の横板にべったり手をくっつけてます。 拠り所があるのは安心します。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上達できます!!! ↑↑ …

楽な形

人差し指の内側をネックに引っかけると安定するから好きです。 親指はほとんどフリーです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上達できます!!! ↑↑ 中野・…

組み合わせ

どの指を同時に置いたら速く弾けるかを考えます。 ある程度癖が付いてから新たに同時に置く指を発見して練習すると、連動してどこかに一瞬力が入ります。それを自覚して、慣れて力が抜けるまで頭で動きを理解して納得するまでゆっくり練習します。 中野区・…

フラジオ

指2本のフラジオは、下をゆるくすると響く気がします。 ちょっと音程下がるのでそこは気をつけますが、実音の時よりゆるく置くと音が引っかからないです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴い…

フラジオ

指2本のフラジオは、下をゆるくすると響く気がします。 ちょっと音程下がるのでそこは気をつけますが、実音の時よりゆるく置くと音が引っかからないです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴い…

触れるだけ

ハイネックポジションの半音など触れるだけにすると、指のお肉が横に広がらないので、音程が取れます。 楽です(°▽°) 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上達…

親指の爪が、皮に当たると滑らないです。 頭の中のイメージだけですが、親指は弓先の方に向けるとコントロールしやすいです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、…

オクターブ

上がっていく時の音程、5ポジションで親指が横向きになる直前に親指を基本としてると、音程が不安定になるので、指板に置いてる指の間隔を中心にしてます。 親指はスルッとついてくるだけで依存しません。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師…

指のクロス

他の楽器を弾いた事ある人からすると指をクロスするのは、弦楽器特有の形らしいですね。 2と3のクロス、2の関節が伸びてます。こんな形でも、一瞬なので大丈夫です。ヴィブラートかける時は丸くするので、手の甲の位置が変わります。 中野区・練馬区のヴァイ…

動画

こういうエチュードも、今は検索すればYouTubeなんかで簡単に聞けて便利ですね。 ゆっくり弾いてるのとか、解説しながらとかもあって、一緒に練習できるから音の間違いも気付くし、速度調整もできて素晴らしいと思います。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴ…

ポジション移動

3rdの位置です。 4が弦の上にいる形で移動すると楽器に当たる場所がカチッと定まりやすいです。そのまますぐ弾けるから速い曲も大丈夫。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく…

関節

私はヴィブラートが大きい幅なので細かいのをかける時は、第一関節をあまり揺らさないように意識します。 何も考えないでかける大きいのは、ゆっくりした曲には合ってるのですが、楽器が揺れるので横向きにしてます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオ…

トリル

トリルが苦手な人、腕の内側の力抜いたら、指回ります。 お腹とかおしりとか、関係ない所に意識して力を入れると、腕の力は抜けます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、…

小指

フラジオから普通の4に戻る時など小指をピンと突っ張ってると丸く戻る時に、関節がカクッとなります。楽器を持たずに、突っ張って伸ばした小指の内側を見ながら丸くしてみると、骨が動くのがわかると思います。小指を突っ張らずに、ギリギリ伸ばしてから丸く…

移弦の瞬間

自分が苦手な移弦の瞬間、親指を弓先に向けて手の甲の山を低めにしてます。 肘は同じ高さです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上達できます!!! ↑↑ 中…

休符の後

8分休符の後から始まる旋律は休符の時に弓に圧力を乗せて発音させて弾き始めます。 そうすると、休符の後から始まったリズムが伝わります。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりや…

休符の後

8分休符の後から始まる旋律は休符の時に弓に圧力を乗せて発音させて弾き始めます。 そうすると、休符の後から始まったリズムが伝わります。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりや…

タイミング

例えばオクターブで親指に少し力が入るとかそのタイミングを知っておくとかなり使えます。 開放弦は、誰でも親指の力を完全に0にできます。誰でも力が入る時はあります。どこで抜くか、動かせるかなど自分を観察します。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィ…

頭の整理

今弾いてるポジションから1つだけ下のポジションの音が入っている時があります。 ポジションは変えずに、下のポジションから上に指を伸ばすのか上から下に引っ張るのかを自分がしっくりくる方に決めます。今、何ポジションかわかってなくても大丈夫です。こ…

親指

特にハイポジションに上がる時に親指の力を抜きます。 楽器が上下にガクッと揺れないように親指がフラジオぐらいの力加減でスルッと摩擦がなくなればうまく弾けます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本…

どうしようもない所

こんな根本で小さく弾けって言われたら、弓幅狭くゆっくり、ほとんど体重かけずに弾きます。 曲によって、どうしてもしょうがない所はあります。弓の速さとかを調整します。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、…

どうしようもない所

こんな根本で小さく弾けって言われたら、弓幅狭くゆっくり、ほとんど体重かけずに弾きます。 曲によって、どうしてもしょうがない所はあります。弓の速さとかを調整します。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、…

あご

自分のよくない癖メモ。 大きくポジション移動する時にあご動かさない。不安定になるから。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上達できます!!! ↑↑ 中野・…

移弦の練習

どれが何線なのか開放弦で練習してから指付けて練習。 身体に染み込むの時間かかります。 苦手な所で、力こぶが固くなったら 要チェックです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかり…

左手pizz

左肘を内側に少し入れるとはっきり出ます。 弦に対して指が垂直に当たる角度です。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上達できます!!! ↑↑ 中野・練馬・江古…

小指が短い人

小指が短い、曲がってるなど生まれつきの形は人それぞれです。人差し指をこう↓縮めて 肉球の部分をネックから少し上にずらせば、4は届きます。問題ないです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、…

アップスタッカート

アップスタッカートで巻き戻しの音が気になる人。 ダウンを弾く手の形でダウンの方をしっかり弾いてみたらうまくいくかもです。 アップを止める!とか考えずダウンを普通に弾いて、アップは超軽く。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつ…

手の形

G、D線の重音→A、E線の重音がすぐに続く時、左肘も手の形も変える時間がない時。 G線の手の形でずっと弾きます。E線側の音程は、いつもと形が違うので指の角度を変えます。 親指がほぼ縦になるので重音が安定します。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオ…

練習の順番

基本的な事だけですが私のやり方が参考になれば。 楽譜の黒い所を最初に音程→リズム→テンポの順に弾けるようにします。自分が弾きたいテンポで弾けない指や弓は決め直します。全体を通してみてどこでどのポジションに上がる下がる、テンポの揺れを把握します…

楽器の角度

初めての方が楽器を構えると視界に入るのは、こんな感じ↓ 左肩に楽器を乗せると楽器は左側に見えます。自分の真正面ではないです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽…