かきフライ日記

中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室講師♪吉瀬弥恵子の日記です。裏技テク時々更新中(゚∀゚)ノ

音楽

ミュート

オーケストラの楽譜によく出てくる書き込み、これはミュートを付ける所です。 外す所には、矢印が上向きになって書かれてます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく…

ピチカート

はじく直前の指の角度です。 爪が天井を向いているとペチペチと爪も当たってやりにくいです。弦と弦の間に指を縦に入れて指板に指が当たる感じにします。弦にはお肉が当たるので、優しい音にあります。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師が…

5度

ヴィオラの3の指で5度は弦と弦の間に指のお肉が挟まる感じでも大丈夫です。 ぐねっと指を倒したりするヒマが無い時はこんな感じです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、…

くるり

弓をくるりと回す時、低くても手が自分の口ぐらいの高さまで上がります。 右手で◯を描く感じです。横から弓を着地させるのも急いでたらやりますが、だいたいは◯を描いてます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので…

駒の下

もうすぐ年末の大掃除の時期ですね。私は楽器のお掃除をします。 駒の下は、綿棒だったら届くのでクリーナーをわずかにつけて拭きます。ピカピカになると気分がいいです♪松脂でコテコテの人も何回も拭けばツルツルになります(゚∀゚) 中野区・練馬区のヴァイオ…

薬指

弓を持つ時、指の内側はだいたい木にくっついてます。 特に薬指は、弓がグラつかないようになるので、すごく重要だと思います。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく…

付点

付点の次の音の弾き方です。スタッカートと同じく、ここ↓で次の短い音の準備をする為に弓を弦の上に置きます。 付点で抜いた音の後に、次の実音の頭を出す為です。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見…

付点

付点の次の音の弾き方です。スタッカートと同じく、ここ↓で次の短い音の準備をする為に弓を弦の上に置きます。 付点で抜いた音の後に、次の実音の頭を出す為です。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見…

木の弾力

木がバウンドしても、弓の毛が弦にくっついてる状態は、弾いてる時にはよくあります。 スタッカートとかは、バウンドを利用して弾きます。弓に体重をかけると、木がしなります。一瞬で力を抜いて弾くと、最初がハッキリした音になります。これはよく使います…

ネックに近い方

自分を指差す方向に指の向きを変えたい人はここ↓をネックに近くします。 指が横向きなのと、自分に向いてるのが両方使えれば便利です。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく…

指の向き

指が痛い、伸びない人は座って楽器をひざに立てて、鏡で見てみましょう。親指を上に向けて、他の4本を下向きにします。この時、中指のここ↓をネックに近くするとこうなります。 この形が痛くなければこのまま楽器を構えてみましょう。人差し指と中指は、自分…

最後も大事

ダウンボウの最後で、アップボウの最初の準備をするのが苦手な方が多いです。 特にスタッカートやテヌートの最後で、アップボウの最初の発音を準備する手の形を作るのを忘れるのは自分から遠いからなのかな?と思います。薬指のお腹が弓にくっついてると準備…

まっすぐ

駒と指板の間に、平行に弓を置きます。 弾く時は、ずっと平行になるようにします。「弓をまっすぐに」とは駒と指板の間を、弓が常に平行に動くことです。横にまっすぐ、という方がわかりやすいかもです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師…

3つの重音

3つの重音を弾き終わる時、最後は真ん中の弦に当たっています。 G、D、A線の重音の後、D線に乗ってます↓弾き終わって、右手をくるりと回す時は特に、こうなります。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を…

3つの重音

3つの重音を弾き終わる時、最後は真ん中の弦に当たっています。 G、D、A線の重音の後、D線に乗ってます↓弾き終わって、右手をくるりと回す時は特に、こうなります。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を…

楽器の持ち方

これから初める方、指が横向きの癖がある方は座って、楽器をひざに立てます。 手がこういう形になります。そのまま楽器を回して構えると指は、自分の方に向きます。癖があると、すぐに戻るので指の向きだけに注意します。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴ…

楽器の持ち方

これから初める方、指が横向きの癖がある方は座って、楽器をひざに立てます。 手がこういう形になります。そのまま楽器を回して構えると指は、自分の方に向きます。癖があると、すぐに戻るので指の向きだけに注意します。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴ…

肩当ての足

元から付いてた足は、ゴムがペトペトしてドレスや服に引っかかって外れるので、pediの足と交換してみました。 外れない!私は肩当てが外れない人なので服に引っかかって外れたんだと思ってました。そしたら本番中、小脇に抱えてる時に見てたら、少しずつ、に…

調律

おうちのピアノの調律。 夏が終わると、かなりズレてたので気になってました。丁寧にして頂いたらしくスッキリ☆ 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上達でき…

圧力

楽器を小脇に持つ時にいつも気にしてるのが、テールピースに当たったりする私の手の圧力。 無意識の時に、けっこう密着しててヤバッ∑(゚Д゚)ってなります。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴い…

フラット

1の指に♭が付いている時、人差し指だけ下げます。 親指以外の4本は、根本がくっついています。1が低いから、全部の指を移動させると他の指が低くなります。1だけ、ぐにっと下に下げると他の指は、いつもの位置にいます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィ…

親指の向き

左手の親指が斜め前に向いていると、手が扇状に開きます。 指の間も広げやすいです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上達できます!!! ↑↑ 中野・練馬・江…

トリル

1オクターブ上のトリル、高い所は、指のお肉と爪でヴィブラートみたいにして弾いてました。 連続でもっと高い音が続く所で変になってやめました ( ´Д`)マジメにやるか・・・指の角度とか爪とかじ〜っと見て考えます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオ…

第5ポジション

1stと3rd以外の高いポジションで横の弦の音がわからない人。第5ポジションは、1stと同じ感覚で弾けます。 ちょっと頭の整理をすれば、弾きやすいと思います。すんごく高いポジションにも1stと同じ感覚で弾ける所もあります。 中野区・練馬区のヴァイオリン・…

毛替え

いい加減毛替えしないとツルッツルだったのでいつもの工房へ。偶然、お気に入りの毛が入荷したので他のも替えてもらう事にしました。 この黒い毛が混じったのが音も使い心地も良くて好きです。いつもあって、毎回張ってもらってたのがコロナとかで入荷が難し…

弓の持ち方2

この持ち方が正しいとかではなく私の骨格で、骨に負担なく持てるという事です。 教本の持ち方の写真も、その人に合ってるって事なのです。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやす…

弓の持ち方1

希望があったので、弓を持った手を拡大してみました。 6角形のどこに指が当たってるか、よく見えると思います。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するので、お手本を見て、聴いて、 わかりやすく、楽しく、早く上達でき…

ハイポジション

E線のハイポジションです。 E線とA線の間の指板に指が接してます。指によっては、爪も当たります。駒があるので、ハイポジションになる程弦は指板から浮きます。1stでも同じですが、弦と弦の間に指のお肉をむにっと入れます。 中野区・練馬区のヴァイオリン…

親指

独学の方からの相談に多いのが右手の親指が痛い事です。力を抜いて、手をぷらぷらさせると親指だけ違う方向に生えてるのがわかります。手を横から見ると、親指の爪だけ見えてるでしょ?そのまま弓を持ちます。なので親指は弓に対して縦に当たります。 弓のは…

連続する指

1-1など、連続する指使いの時ヴィブラートの揺れを利用して瞬間に移動します。 音程の幅に合わせて、指板の摩擦を使ったりしますが、だいたいは弦の上を摩擦無しに移動してます。 中野区・練馬区のヴァイオリン・ヴィオラ教室 ☆講師がいつも一緒に演奏するの…